イメージ画像

国の教育ローン 審査について

国の教育ローンでは、審査はさほど難しくはありません。

「一般的な銀行や消費者金融とのローンとは比較になりません。

ある一定の条件をクリアしていれば問題ありません。

ある一定の条件とは、どの教育ローンを選ぶかによって変わってきます。

国の教育ローンには3つの種類があります。

例えば、年金教育貸付を選択する場合ですと、国民年金もしくは厚生年金加入者で10年以上以上保険料を納付していること。

さらに申し込みの前々月までの2年間のあいだ、国民年金か厚生年金を加入していることなどが、条件としてあります。

またその他の郵貯教育貸付や教育一般貸付にも条件があります。

どの教育ローンを申し込んでも条件さえクリアしていれば、審査は通るでしょう。

また、申し込みをして審査をしている期間中に、公共料金の支払い証明の提出を求められる時があります。

念のため、直近で半年ぐらいは滞納なくお支払いしておくことがベストです。

基本的に国の教育ローンとは、経済的に苦しい家庭に対しての救済ローンとなりますので、厳しい審査ではないでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ