イメージ画像

国の教育ローン本人について

国の教育ローンを本人が借りたいとお考えの方も多いですが、基本的には厳しいようです。

HP上では本人の申し込みも可能とあったりしますが、ほぼ審査は通らないでしょう。

国の教育ローンとは変わってしまいますが、本人が借りることができる制度は、奨学金制度でしょう。

同じ教育に充てるお金と考えれば同じかもしれません。

どうしても親の事情などの本人が教育ローンを受けるのであれば、民間の教育ローンに行くしかありません。

色々な条件がありますが、クリアできればローンを受けることができます。

あくまでも国教育ローンとは、親が借りるもので本人が借りることはできません。

社会人になった後に学びたいけどお金が足りないなどといった場合には、サラ金での教育ローンに頼るしかないでしょう。

しかし、金利の高さを考えるとオススメはできません。

じっくりとお金を貯めてから通うか、親に借りてもらうかがベストだと考えます。

よく考えてから選択して、自分にとってより良い生活となるようにしましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ