イメージ画像

国の教育ローン比較について

国の教育ローンには3種類ありますが、その3つの教育ローンの比較をしてみると、教育一般貸付がベストだと考えます。

というのも、郵貯貸付は、学生1人に対して200万円まで融資が可能ですが、郵貯積立郵便貯金を利用している方限定です。

さらに年金教育貸付を希望ですと、独立行政法人の福祉医療機構からのあっせんが必要となるのです。

しかし、今の機構は申し込みのあっせん業務を中止しているために、実質申し込みできない状況なのです。

以上のことより、教育一般貸付がベストです。

先ほどの他のローンと比較すると、一般貸付では、学生1人につき300万円までの融資が可能です。

この300万円までの金額であれば、何回でも融資ができるのです。

もし兄弟がいて、もう1人入学するのにお金が掛かるとなった場合には、条件を満たしていれば、もう300万円までの融資が受けられるのです。

また、国の教育ローンと比較して、民間の教育ローンとは金利が全然違います。

国教育ローンを受けれるのであれば、間違いなくそちらを選ぶほうが正しいでしょう。

返済期間や金額なども比較すると、大きく違いますので、国の教育ローンを利用することをオススメします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ