イメージ画像

国の教育ローン教育一般貸付について

国の教育ローン教育一般貸付とは、国の教育ローンで3種類あるうちの1つです。

教育一般貸付の特徴としては、対象となる学校に通っている子供がいる親であれば、利用ができます。

しかし、利用できる条件もあります。

それは年収制限です。

国の教育ローンの教育一般貸付では、世帯での年収が990万円以下でなくてはなりません。

年収制限があるのは当然といえば当然です。

そもそもこの制度は、経済的な理由から教育を受けたくても受けることができない子供への救済制度なのですから当然です。

教育一般貸付では、学生1人につき300万円までの融資が可能です。

この300万円までの範囲であれば、何度でも利用が可能です。

もし仮に2人の学生がいる家庭であれば、最高600万円までの融資を受けることができるのです。

国の教育ローン教育一般貸付では、金利が2%代と安く、返済期間も猶予があります。

経済的に苦しい家庭でも、大きな負担とはならずに返済していくことができます。

もし子供を経済的な理由から高校へ進学させることができないなどの際は、ぜひこの制度を利用してください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ