イメージ画像

国の教育ローン フリーターについて

国の教育ローンへの申し込み条件として1つに、ある一定の収入があることとあります。

ある一定の収入がどれぐらいなのかは不明ですが、収入が全くないというのは審査には厳しいです。

では申し込み者がフリーターの場合はどうでしょう。

フリーターといってもアルバイトをしている方もいますので、収入が0というわけではいありません。

国の教育ローンの条件として、ある一定の収入とあるので、フリーターでもこれをクリアしていれば、問題ないということではないでしょうか。

国の教育ローンの条件にはその他に、居住年数や公共料金の支払いなどがありますが、すべてクリアできれば審査を通る可能性もあります。

国の教育ローンとはいえ、返済能力が全く見込めない方には融資しません。

逆にフリーターでも返済できる見込みがあると判断されれば良いのです。

また、申込者は世帯主限定となりますので、仮に父親がフリーターでも、母親が働いており世帯主が母親であれば、母親が申し込みをすれば審査に通るのではないでしょうか。

あくまで世帯主の方のみが利用できる仕組みです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ