イメージ画像

国の教育ローン 審査について

国の教育ローンでは、審査はさほど難しくはありません。

「一般的な銀行や消費者金融とのローンとは比較になりません。

ある一定の条件をクリアしていれば問題ありません。

ある一定の条件とは、どの教育ローンを選ぶかによって変わってきます。

国の教育ローンには3つの種類があります。

例えば、年金教育貸付を選択する場合ですと、国民年金もしくは厚生年金加入者で10年以上以上保険料を納付していること。

さらに申し込みの前々月までの2年間のあいだ、国民年金か厚生年金を加入していることなどが、条件としてあります。

またその他の郵貯教育貸付や教育一般貸付にも条件があります。

どの教育ローンを申し込んでも条件さえクリアしていれば、審査は通るでしょう。

また、申し込みをして審査をしている期間中に、公共料金の支払い証明の提出を求められる時があります。

念のため、直近で半年ぐらいは滞納なくお支払いしておくことがベストです。

基本的に国の教育ローンとは、経済的に苦しい家庭に対しての救済ローンとなりますので、厳しい審査ではないでしょう。

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

国の教育ローン 自己破産について

国の教育ローンを申し込む方が、過去10年以内に自己破産している場合は、国の教育ローンを利用することはできません。

自己破産後は、10年間すべての個人信用情報機関に登録されていますので厳しいです。

国民生活金融公庫が審査の時点で全国銀行個人情報センターに紹介を行いますので、そこでアウトとなります。

では、父親が自己破産してダメなら母親が申し込めば大丈夫かというと、そうでもないのです。

国の教育ローンの申し込み条件として、世帯主限定となっているのです。

世帯主が自己破産をしている状況ですと、完全に利用はできないということです。

ですので、祖父母でも利用はできません。

国の教育ローンとしての利用ではなくても、他のローンも自己破産者本人はローンを組むことができません。

10年後であれば、記録としては抹消されますので、ローンを組むことができる場合もあります。

どちらにせよ、自己破産後は、10年間はローンやクレジットの類は、一切作れませんのでご注意下さい。

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

国の教育ローン申し込み方法

国の教育ローン申し込み方法について記載します。

国の教育ローンは、インターネットからの申し込みが可能ですが、郵貯貸付を希望の方はできませんのでご注意下さい。

最初にお申込みフォームの入力を行い、送信します。

すると公庫から受付確認メールと同時に必要書類の案内が届きます。

必要書類は、申し込んだ教育ローンによって若干変わってきますので、よく確認しましょう。

書類の準備が完了しましたら郵送して下さい。

国の教育ローン申し込みは以上で完了えす。

その後は、公庫からお電話での連絡をする場合があります。

これは、提出いただいた書類の内容についての確認や、不備があった場合などに連絡があります。

すべて不備なく揃った時点で、公庫の審査が始まります。

審査には約10日ほど掛かります。

審査が無事通りましたら、融資の契約となります。

契約書類への署名、捺印などを行い提出して手続き完了となります。

ここから融資を受けることができるというわけです。

以上が、国の教育ローン申し込み方法となります。

また、他に不明な点などありましたら、教育ローンコールセンターへ問い合わせしましょう。

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

国の教育ローン フリーターについて

国の教育ローンへの申し込み条件として1つに、ある一定の収入があることとあります。

ある一定の収入がどれぐらいなのかは不明ですが、収入が全くないというのは審査には厳しいです。

では申し込み者がフリーターの場合はどうでしょう。

フリーターといってもアルバイトをしている方もいますので、収入が0というわけではいありません。

国の教育ローンの条件として、ある一定の収入とあるので、フリーターでもこれをクリアしていれば、問題ないということではないでしょうか。

国の教育ローンの条件にはその他に、居住年数や公共料金の支払いなどがありますが、すべてクリアできれば審査を通る可能性もあります。

国の教育ローンとはいえ、返済能力が全く見込めない方には融資しません。

逆にフリーターでも返済できる見込みがあると判断されれば良いのです。

また、申込者は世帯主限定となりますので、仮に父親がフリーターでも、母親が働いており世帯主が母親であれば、母親が申し込みをすれば審査に通るのではないでしょうか。

あくまで世帯主の方のみが利用できる仕組みです。

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

国の教育ローン 金利について

国の教育ローンの金利は、驚くほどの低金利です。

教育一般貸付ですと、年利が2.45%です。

さらに母子家庭ですと安くなります。

一般的な銀行や消費者金融では絶対にない金利です。

これをすごいと思う人もいれば、そうは思わない方もいるでしょう。

国が行っている政策で国民のために行っているのだから、安くて当然だろうといった声も少なくありません。

どっちにしろ、子供の教育で財政的に苦しい家計にとっては非常にありがたいローンです。

この金利は固定金利ですので、返済が終了するまで一切変わりません。

ただし、利率はその時の金融情勢によって変わったりもしますのでご注意下さい。

しかし、いきなり数%も上がるといったケースはないでしょう。

このように国の教育ローンは、経済的に苦しい家庭に対してのローンとなっていますので、ぜひ活用してみて下さい。

返済期間も10年間ありますので、子供が自立するまで安心です。

母子家庭の方は、さらに1年間返済の延長が可能です。

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

国の教育ローン 無職について

国の教育ローンは無職でも受けることが出来ます。

国の教育ローンを利用できる条件としては、申し込み者本人の安定した収入と記載されています。

しかし、インターネットでのお申込みページには、職業の種類を選択する欄に『無職

・その他』という項目があるのです。

安定した収入が必要なのに、無職を選択できる欄があるのは不自然ではないでしょうか。

実は、国の教育ローンの審査が通るかどうかは、点数性なのです。

各審査項目に点数が付けられ、合計点数が基準の点数を上回ればOKという仕組みなのです。

ですので、原則として安定した収入がある方とあるのですが、無職の方でも審査を通ることができるのです。

この審査基準となる項目には、点数が達していてもある項目が0点だと審査が通らない項目もあるのですが、職業欄に関してはたとえ0だとしても問題がないのです。

以上のことから、国の教育ローンを利用しようとする方が無職の方でも、融資を受けることが可能なのです。

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

国の教育ローン 審査基準について

国の教育ローンの審査基準をご紹介します。

審査する内容は、まずは、お子様が国民生活金融公庫の対象となる学校に在学していること、もしくは入学予定となります。

対象の学校は、高校以上であればほとんどの学校が対象となっています。

さらに、融資を受けるご家庭の世帯収入が、年間990万円以下であることです。

世帯収入とは簡単に述べると、その家で働いている人の収入全部を合わせた金額のことをいいます。

ただし、事業所得者の場合に限り770万円以内の収入となります。

また、お申込みプランが年金貸付の場合ですと、国民年金の加入状況なども審査基準となってきます。

大きくいうと、以上が国の教育ローンの審査基準の内容となります。

特に審査で引っかかるということはあまりありません。

もちろん財政的に苦しい家庭への支援が目的ですので、高所得者は利用できません。

返済金利も2%代ですので、無理なく返済ができるため、ぜひともお子様のいるご家庭の方はご利用下さい。

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

国の教育ローン 通らない理由

国の教育ローンの審査が通らない理由を記載します。

まず、国の教育ローンを申し込むにあたって、当然ですが、子供がいることです。

さらに条件としては、世帯での年収が990万円以内です。

世帯年収がこの金額を超えてしまっている場合は利用できません。

また、お申込みには連帯保証人か保証会社の保証が必要となります。

お申込みをする方が、複数からの借入れがある場合は、保証を受けることができない場合がありますので、連帯保証人を付けたほうが有利でしょう。

さらには、申し込み者本人の安定した収入というのがあります。

普通に正社員として働いているのであれば問題ありません。

以上が国の教育ローンの審査が通らない理由となります。

ただしそれ以外にも審査が通らない理由があります。

それは、お申込み者の方が、信用情報機関でブラックになっている場合です。

その場合は、国の教育ローンだけでなく、いかなるローンの審査が通らないです。

ブラックの場合は、諦めるしかありません。

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

国の教育ローン奨学金について

高校や大学に進学したくても通うことができない人達に対して支援を行うのが、国の奨学金制度となります。

この国の奨学金制度には、貸付けた金額に対して一切の利子が付かない第一種奨学金と、年利が3%が上限となる第二種奨学金があります。

第一種奨学金制度を利用する条件は、高校から大学、大学院に在籍している学生を対象としています。

さらに基準として、特に優れた学生というのが条件としてあります。

もちろん経済的に困っている方限定です。

特に優れたという表現は解釈が難しいですが、一般的には学校での成績や行動が審査されます。

また、第二種奨学金制度では、高校を除いた、高等専門学校から大学院までが対象となります。

こちらでは、第一種奨学金よりも緩い審査で選考されます。

また、父母が死亡したり、自然災害、破産などの理由の場合も、奨学金の対象となります。

国の奨学金は、家庭の経済的な理由で、どうしても学校に通うことが困難な方への支援を目的とした制度となりますので、お金がないから学校行けないと思わずに活用して下さい。

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

国の教育ローン年収制限について

国の教育ローンを利用するにあたって、世帯での年収制限があります。

これは国の教育ローンの中の一般貸付でのお話ですが、世帯年収が990万円以内が条件となります。

ただし、自営業の方は年収が770万円以内となります。

例えば、父親だけでは990万円に届かなくても、母親と合わせると990万円を超えてしまう場合は、利用不可能となります。

国の教育ローンは、経済的に子供を学校へ通わせるのが困難な親に対して国が援助する制度ですので、年収制限をするのは当たり前です。

経済的に余裕があるところに融資をする必要はありません。

あくまで年収が990万円以下の方です。

ただし年収制限をクリアしていれば、国の教育ローンを受けられるわけではありません。

その他にも色々審査の条件がありますのでご注意下さい。

年収制限もあくまで世帯での収入となりますので勘違いされないで下さい。

世帯とは、住居または生計をともにする人の集まりという意味ですので、両親以外にも兄弟とも一緒に住んでいて収入がある場合は、その兄弟の分も含まれますので、年収制限の対象となります。

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ