イメージ画像

国の教育ローン保証人について

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

国の教育ローン必要書類について

国の教育ローンを申し込む際の必要書類を記載します。

まずは申し込み書の記入から始まります。

インターネットからの申し込みであれは、オンラインからの申し込みとなります。

申し込み書を記入して送る場合は、まずコールセンターへ資料の請求を行ってください。

電話番号は、0570-00-8656です。

資料が届きましたら、まずは申し込み書の記入とその他必要書類の準備が必要となります。

・運転免許証、もしくはパスポート 

・世帯の全員が載っている住民票 

・源泉徴収表か確定申告書 

・住宅ローンの支払いか家賃と、公共料金の支払いが証明できる預金通帳 

・在学証明書や使用用途が確認できるもの 以上が国の教育ローンを受けるための必要書類になります。

必要書類の準備が完了しましたら郵送かもしくは、日本政策金融公庫、信用金庫などに提出となります。

以上で国の教育ローンの申請が終了となります。

この後は審査を行い、無事に審査を通れば融資が開始されるといった流れです。

また、契約時にはまた必要書類への署名、捺印もありますのでご注意下さい。

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

国の教育ローン教育一般貸付について

国の教育ローン教育一般貸付とは、国の教育ローンで3種類あるうちの1つです。

教育一般貸付の特徴としては、対象となる学校に通っている子供がいる親であれば、利用ができます。

しかし、利用できる条件もあります。

それは年収制限です。

国の教育ローンの教育一般貸付では、世帯での年収が990万円以下でなくてはなりません。

年収制限があるのは当然といえば当然です。

そもそもこの制度は、経済的な理由から教育を受けたくても受けることができない子供への救済制度なのですから当然です。

教育一般貸付では、学生1人につき300万円までの融資が可能です。

この300万円までの範囲であれば、何度でも利用が可能です。

もし仮に2人の学生がいる家庭であれば、最高600万円までの融資を受けることができるのです。

国の教育ローン教育一般貸付では、金利が2%代と安く、返済期間も猶予があります。

経済的に苦しい家庭でも、大きな負担とはならずに返済していくことができます。

もし子供を経済的な理由から高校へ進学させることができないなどの際は、ぜひこの制度を利用してください。

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

国の教育ローン 学費について

国の教育ローンを利用すれば、経済的に苦しい家庭でも、学費を支払うことが可能になるのです。

国の教育ローンの制度の中に、教育一般貸付というローンがあります。

これは、学生1人につき、最高で300万円までの融資が可能な制度です。

近年ではよく、給食費を滞納する親が増加しているなどの問題がありました。

ちょっと趣旨とはずれてしまいますが、学費が払えなくて子供を学校に通わせることができないといったケースも、国の教育ローンを活用すれば解消されるのではないでしょうか。

この制度は、利率が2%代で固定金利ですので、安心して無理なく返済することができます。

返済期間も最高で15年間と、非常に便利です。

また、母子家庭でのこの制度の利用の場合は、さらに金利が優遇されます。

ローンですので審査は当然ありますが、さほど厳しくはないようです。

もし現在財政的に苦しく、子供を高校などに通わせるのが困難な場合は、ぜひともこの制度を活用して、学費に充てましょう。

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

国の教育ローン 大学生について

国の教育ローンでは、子供が大学生でも受けることが可能です。

ただし、国教育ローンの対象校の場合に限ります。

しかし、対象校となる学校は、ほとんどの学校が対象となっているみたいですので、ご安心下さい。

また、国の教育ローンを大学生の本人が申し込みことは出来ないみたいです。

あくまで、国の教育ローンは、子供がいる親に対して行うローンとの事ですので、大学生本人は受けることができません。

しかし、国の教育ローンとは多少違ってしまいますが、国の奨学金制度というのものがあります。

これは、大学生本人が利用できます。

奨学金制度とは、日本学生支援機構が本人に無担保で貸し出していますので、若干意味合いとしては変わってきます。

しかし、お金を借りて、学業に充てるといった意味で考えると、同じかもしれません。

いずれにせよ、大学生本人が国の教育ローンを利用するというのは難しいです。

どうしても大学生本人がというのであれば、国の教育ローンではなく、民間の教育ローンを活用するしかありません。

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

国の教育ローン 高校生について

子供のいるご家庭ではご存知だと思いますが、子供の教育にはすごくお金が掛かります。

一般的に大学まで進学するとなると1000万円以上は掛かります。

しかし、経済的に余裕がなく、進学させることが厳しいご家庭も多くあります。

そんな時にありがたい制度としてあるのが、国の教育ローンです。

国の教育ローンでは、高校への進学、もしくは高校在学中に掛かる学費などのために融資をしてくれます。

県立ならまだしも、私立の高校となると掛かる学費も多くなってきます。

国の教育ローンでは、最高300万円までの融資を行っており、その範囲内であれば何度でも融資が受けられます。

さらに2人、3人目と高校への進学があるご家庭では、入学に掛かる費用だけで相当です。

お金がなくて高校へ進学させられないとは、絶対にしたくはありませんよね。

そんな時は、ぜひ国の教育ローンを利用してください。

条件を満たせば、比較的審査は通ります。

返済も無理なく行えますので、安心です。

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

国の教育ローンとは

国の教育ローンとは、子供の教育などに掛かる様々な費用は、一般的に小学校から大学卒業までに約1000万円以上掛かると言われてます。

この教育費の負担を軽減してくれるのが、国教育ローンとなります。

国の教育ローンとは、3つのタイプがあります。

・年金教育貸付 

・郵貯教育貸付 

・教育一般貸付 以上の3種類です。

このローンを受けるにはある一定の条件がありますが、すべての条件を満たしていれば、3つとも受けることが可能となっています。

この国の教育ローンのお申込みは、いつでも可能です。

このローンの使用用途は、もちろん教育に関わることは当然なのですが、それ以外にも、アパートの家賃や国民年金保険の支払いなどにも使用できます。

教育ローンの返済は、融資を受けた時から10年以内での返済が必要です。

しかし、母子家庭などの事情がある場合は、1年間の延長が可能となっています。

国の教育ローンの対象とする学校は、高校以上であれば、ほとんどの学校が対象となっています。

このように国の教育ローンとは、経済的に苦しい家庭でも安心して、子供の教育を行うことが出来るローンのことです。

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

国の教育ローン 社会人について

国の教育ローンでは、社会人として働いている方が学校に通うために利用することはできません。

あくまで国の教育ローンとは、子供の学費に関わる費用を融資する制度であって本人への融資はできないのです。

社会人本人がどこかの学校に入学していて、かつ働いており、所得税や住民税などを支払っている証明ができれば、すごく稀に利用できる場合があるみたいですが、ほぼ不可能と思って良いでしょう。

社会人の方が働きながら融資を受けたいとお考えの方は、国教育ローンではなく、民間であれば利用できる可能です。

もちろん民間ですので、金利の面や返済方法の面などを比較すると、国の教育ローンの方が、圧倒的に有利です。

もし社会人で働きながら学校に通いたいとお考えの方は、民間のローンを利用するか、ある程度働きながら貯金をしてそれから学校に通うことをオススメします。

どうしてもというのであれば、サラ金などであれば、比較的審査は通りやすいですが、リスクを考えてから利用するようにしましょう。

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

国の教育ローン 審査について

国の教育ローンでは、審査はさほど難しくはありません。

「一般的な銀行や消費者金融とのローンとは比較になりません。

ある一定の条件をクリアしていれば問題ありません。

ある一定の条件とは、どの教育ローンを選ぶかによって変わってきます。

国の教育ローンには3つの種類があります。

例えば、年金教育貸付を選択する場合ですと、国民年金もしくは厚生年金加入者で10年以上以上保険料を納付していること。

さらに申し込みの前々月までの2年間のあいだ、国民年金か厚生年金を加入していることなどが、条件としてあります。

またその他の郵貯教育貸付や教育一般貸付にも条件があります。

どの教育ローンを申し込んでも条件さえクリアしていれば、審査は通るでしょう。

また、申し込みをして審査をしている期間中に、公共料金の支払い証明の提出を求められる時があります。

念のため、直近で半年ぐらいは滞納なくお支払いしておくことがベストです。

基本的に国の教育ローンとは、経済的に苦しい家庭に対しての救済ローンとなりますので、厳しい審査ではないでしょう。

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

国の教育ローン 自己破産について

国の教育ローンを申し込む方が、過去10年以内に自己破産している場合は、国の教育ローンを利用することはできません。

自己破産後は、10年間すべての個人信用情報機関に登録されていますので厳しいです。

国民生活金融公庫が審査の時点で全国銀行個人情報センターに紹介を行いますので、そこでアウトとなります。

では、父親が自己破産してダメなら母親が申し込めば大丈夫かというと、そうでもないのです。

国の教育ローンの申し込み条件として、世帯主限定となっているのです。

世帯主が自己破産をしている状況ですと、完全に利用はできないということです。

ですので、祖父母でも利用はできません。

国の教育ローンとしての利用ではなくても、他のローンも自己破産者本人はローンを組むことができません。

10年後であれば、記録としては抹消されますので、ローンを組むことができる場合もあります。

どちらにせよ、自己破産後は、10年間はローンやクレジットの類は、一切作れませんのでご注意下さい。

タグ

2012年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ